就職・転職に有利な不動産資格「宅建」とはどんな資格?

就職・転職に有利な不動産の資格「宅建」とは

宅建ってなに?

宅建(宅地建物取引主任者)って何ができるようになる資格?

主な出題項目

宅建試験は何科目?何を勉強すれば合格できるのか?

どれだけ使える?

宅建を取得できれば、どんなメリットがあるのか?

役立つ参考書

宅建を勉強するなら、どんな種類の参考書がいい?

就職・転職に有利な不動産の資格「宅建」とは

宅建は毎年の受験者が20万人を超える人気の国家資格の一つです。不動産業界はもちろんのこと、あらゆる業界で重宝される資格となっています。不動産、住宅メーカー、建築等の業界を志望するのであれば、宅建を持っていれば有利に働きます。

また一見すると関係がないかに思われる業界においても、不動産の知識が求められることが多く、幅広い業界へのアプローチが可能です。就職難の時代に、宅建の資格を持つことは非常に意味があり、自分を高く売り込むことができます。このように就職や転職に有利なため、毎年多くの人が受験します。

宅建試験は例年合格率15%程度と決して高くはありません。豊富で正確な法律知識が求められます。しかし、参考書や資格スクールに通えば、過去の出題傾向や次回の出題予想などを指導してくれて、効率良く勉強することができます。決して難しい試験ではありません。将来の就職や転職を見据えて、宅建の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

Copyright(C) 2011 - 就職・転職に有利な不動産の資格「宅建」とは - All Rights Reserved.